0608-16

祖母の夢を見た
短歌を書き続けた祖母

「いつも近くに置いてる入れ歯とペンがない
ペンがないから短歌が書けない」
と言っていました

私は自分のペンをいくつか祖母に渡しました



前にブログにも書いたのですが
お棺に祖父と祖母との思い出の花
ひまわりを入れようと町中の花屋を探しました。

ひまわりは見つかったけど
私…ペンも鉛筆も入れなかったですね

母に電話をしてお仏壇に
ペンを置いてもらうことにしました

「短歌は、敦子が全部もらってくれるから安心。
歌は、敦子にしか分からん。」
生前、母たちに何度も言っていたそうです

亡くなる少し前に書いてた短歌を今日は久々読みました
広告の裏にたくさん、たくさん書いています
その多さに「ばあちゃん、すごいな〜!」
って思わず口にしていました

いくつか載せますね


病み古りて生きいる日々の苦しさに
 死なんといひて娘をかなします

今一度 古里の島の磯めぐり
 魚釣りたし貝拾いたし

指病みて筆を折りたる水墨画
 画きてみたしと思ふは淋し

なすもなく生かされ生きる淋しさを
 吾れ守る子らも今は知らざる

終の家の亡き夫の建てたるあばら家に
 八十九歳 我は生きる



そんな思いだったんだって
私は祖母が亡くなって
短歌を読んで始めて知りました
読みながら号泣しました
もっともっと会って、話をすれば良かった

母達も知らなかったんだろうな
私が伝えなきゃね、ばあちゃん

夢に出てきてくれて、ありがとう
まだ受け取ってない短歌
もらいにまた帰るからね


【リンク
エッセイ:祖母の短歌

旧ブログ:ひまわりのパジャマ

旧ブログ:カテゴリー祖母の短歌