染矢敦子ブログ Tender wind

〜やさしい風が吹いてきた〜

9/27 宗像ユリックス

ハーモニー1

一回目
1.祈りの旋律
2.私の神様
3.受け継ぐもの、つなぐもの
4.幸せの形(アコーディオン
5.風と走る
6.そこに花が咲くように
7.Piece , peace , ピースv(^-^)v
8.やさしい風

ハーモニー2

二回目
1.やさしい風
2.耳をすませば
3.その手の中に
4.あいしてるの音(アコーディオン
5.風と走る(アコーディオン
6.だいじょうぶ だいじょうぶ
7.天声-uta-
8.祈る

ハーモニー3

宗像で初めてのライブでした。
何故、宗像で歌いたくなったかと言うと…。
優しい親戚のおじちゃんとおばちゃんがいること。
大好きな神社が出来たこと。
そして、そこで出会った女性が、何故か懐かしく、とても大好きになったこと。
その3つの理由です。

朝、その神社で、恒例の(笑)歌を歌って、ユリックスに行きました。

一回目のステージは、おじちゃんとおばちゃん、そのお友達、大学の先輩が来てくれました。
二回目のステージは、その大好きな女性とお孫さん、お友達、おばちゃんがまた来てくれました。

「天声-uta-」と「やさしい風」が、いつものように人気でした☆

一回目のステージでは、少し気が散ってしまって…もう18年も歌っているのに…

反省しながら、休憩時間に図書館に入りました。
そこで見つけた本
「お花になってごらん。素敵な香りを想像して。そしたら、あなたも周囲の人も幸福になる」
ぐっと来ました。
気持ちが、パキンと入りました。

一回帰ったおばちゃんも、用事を済ませて、すぐに戻って来てくれて…じ~んとして、涙が出ました。
感謝が胸いっぱいに広がりました。

そしたら、二回目のステージでは、お客さんも倍ぐらい増えて、気持ちも安定して
歌っている時には、キラキラした光が、何度も何度も、いくつもいくつも見えました。
「その手の中に」の時が一番多かったです。

それに気付いてくれた女性がいました。

ライブで歌っている同じ時間、5年前からお友達のシーズの「サラちゃん」が天国に旅立ったことを後から知りました。

「その手の中にって、歌を歌ってる時、いっぱい光が見えたんですよ。サラちゃんも聴きに来てくれたかな?無くしたものも大きさに動けなくなるけど、ほら、その手の中に無くしてないものがある…そんな歌なんです。」
飼い主さんは、泣き出しました。サラちゃんからのメッセージなのかもしれません。

花

こんな大きなお花を、神社で出会った女性に頂きました。
ちょうど、母の日にお邪魔した時に、百合を持って行ったんです。
それが、すごく嬉しかったから…って。

ユリックスの方々も優しくて、親切で。また歌いに来たいな。
おじちゃんのお友達の田中さんには、お写真を撮って頂いたので、載せさせてもらいます。

宗像、最高!!
感謝感謝です!!
想いや感謝がいっぱいで書ききれないです☆.。.:*・゜

また、歌いに行きます♪