染矢敦子ブログ Tender wind

〜やさしい風が吹いてきた〜

心が動く。奇跡が起こるかもしれない。

5

8/6に歌いに行かせて頂いたKさん宅、久留米に行ってきました。
「また来ます」約束、果たせて良かった*:.。☆..。.(´∀`人)

8/6の記事はこちらから
http://tender-wind.livedoor.biz/archives/51751378.html

今回は、キーボードを持って行って、
30分ほどのライブをさせて頂きました。

今回も最初はそっぽを向いてるKさん。
私を横目でちら見しています。

前回も書きましたが、Kさんは寝たきりです。
Kさんのお母様と、94歳のおばさまと、
ご縁を繋いで下さったHさんと、介護施設の方
4人で歌を聴いて下さいました。

前回、Kさんの変わらなかった表情が歌の後、
穏やかに、にこやかになられたのを、みなさん驚き、喜んで下さいましたが
今回は、前回よりずっと顔色が良くなられてて、
ちょっとした動きなどで意思表示をされ、
少しコミュニケーションが取れるようになってる気がしました。

「Kさんと言葉より、もっと深いところでお話したいです。通じ合いたいです。」
と言って歌った‘Talk
この歌の時は、Kさんはお顔をこちらに向けて、私をじ~っと見ながら聴いてくれました。
二人の間に、まるで見えない光の筒が繋がってるような…
そんな不思議な感覚。
まさしく‘Talk’語り合っているような感じでした。

‘天声-uta-’の時の共鳴がまたもうすごいんですよね。

「なんでか、涙がじわ~っと出てくるんですよ。」
「あ~すーっとする。洗い流されるねえ。」
「あなたの声は、鎮める歌だと思いますよ。」
「人を感動させることは、難しいんですよ」
「あら~歌も良いけど、お話も良いのねえ」
などの感想。

歌い終わって、しばらくすると、私もじわ~っと涙が出て
しゃべれなくなりました。

なんだかKさんとお話できる日も来るような気がしてきます。

もったいない。もったいない…と手を合わせて
もっとたくさんの人に聴かせたい…と
誰に話したら良いか、どうしたら広まっていくか
みなさんが真剣に話して下さるのに、また感動。。。

全然もったいないとかなくて
私自身、嬉しくて、有り難くって、また私のいのちも肯定して頂いてます。
こういうことをしていきたい。また思いました。

小さいことしかできないけれど、
こんなにこんなに喜んで頂けるんだもん。

私にもできることがあった。
だから、みんなにもある。
それぞれに、できることがある。

「心が動く。奇跡が起こるかもしれない。」

***

15(土)16(日)は骨髄バンクのイベントで歌って来ます。
私は、登録はできないのですが…
私にできること。歌で伝えて来ます♪