染矢敦子ブログ Tender wind

〜やさしい風が吹いてきた〜

もう大人

朝顔

子供の頃は辛い時、いつも母がいてくれた。
母と喧嘩をしたら、祖母と祖父がいてくれた。

しがみついて泣く場所が、私にはあった。

親元を離れてから、辛い時、やっぱり誰かに話を聞いてほしかった。
それは、恋人や友人だった。

何も解決しないのに、やっぱり誰かを求めた。

でも、今は違う。
辛い時こそ、話さない。
辛い時こそ、一人でいる。
そこに一緒にいてくれるのは、犬達だけ…。

なのにね。
何も言わないのにね。
そんな時、かかってくる電話がある。

それは、母だったり、大切に思う人だったり…。
祖母も以前は、よく不思議な電話をくれた。
私が絶望の中にいる時、電話をくれた時、私の状態を何も話してないのに、祖母はこう言った。
「あっちゃんが頑張ってるの、ばあちゃんが知ってるよ。誰も知らなくても、ばあちゃんは知ってる。」

何をすれば、どうなれば、大切な人を安心させて、喜ばせることが出来るだろうか。
子供の頃は、勉強を一生懸命にすれば良かった。
そしたら、みんな喜んでくれた。

大人になると難しいことも多い。

ただ、ただ、感謝することしか出来ない。

「みんなで、ディズニーランドとか行きたいねえ。」と母。
「そうね。いつか行けるかなあ。」と私。
「いつか行けるよ。大人になったら。」と母は無邪気に笑う。

もう、私は大人。
微笑ましさと切なさ…泣けてくる。

叶えるよ。絶対。