染矢敦子ブログ Tender wind

〜やさしい風が吹いてきた〜

ふわふわの毛布




いのちの絆を撮るフォトグラファー*サイトウムツミ
いのちを歌うシンガーソングライター*染矢敦子

二人のコラボ作品が出来ました。


生まれて来て良かった。
生まれて来てくれて、ありがとう。

出会えたことに、ありがとう。



****


<ふわふわの毛布・誕生のエピソード>

赤ちゃんは、お腹の中の記憶があるって話を聞きました。

ある方が、出会う赤ちゃんに聞いてみたそうです。
そしたら「ふわふわの毛布があった」って言う子が多いらしいんです。
助産婦さんにお話をお聞きすると、お母さんの子宮の中には、膜があって
きっとそのことを言ってるんだろうと言うことでした。

そして、光が射してて、温かくて、柔らかくて、心地よく
ずっとここにいたいなって思う子と
真逆で、暗くて、冷たくて、早く出たかったって言う子がいるそうなんです。

そのお話を聞いて、私の元にやってきてくれた歌です。

記憶がある訳ではないけれど…
私も母のお腹の中で、父と母の仲良しと幸せを願っていたと思います。

生まれてから、今になっても、ずっとずっと願い続けていることだから。


****


<サイトウムツミさんとの出会い>
ふわふわの毛布。
この歌が出来てから、この歌に合う、写真や絵を探していました。

自分の撮った写真にしようかとも思ったのですが
なんとなくしっくり来なくて…

やっぱり絵が良いかな。
ぴったりの絵を描いてくれる人いないかな。
それもなかなか出会えず…
自分で描いてみても、またしっくりこない。

そんな時ふと…
今年の始めに、ネットでたどり着いていたサイトウムツミさんの写真を思い出しました。

プロのカメラマンに、そんなこと、お願いしていいのかな?

ためらいもありましたが、思い立ったら即、行動☆
写真は使わせてもらえなくても、ムツミさんの撮られる写真が好きなことを伝えよう。
そして、メールを送らせて頂きました。

写真と同じですね。
優しく、明るく、相手にちゃんと興味を持って対応して下さり
今回のビデオクリップの実現になりました。
やっぱり、何でも人柄が出ちゃうんですよね。

私も今度ムツミさんに写真を撮ってもらいたいな~と思っています。


***


<フォトグラファー サイトウムツミ>

『女性フォトグラファーが贈る母と子、そして家族のカタチ』 
 ~SimpleにそしてNaturalに~

フォトグラファーである私が一児の母となり感じたことがありました...
娘が産まれてからの一瞬一瞬はあまりにも愛おしく大切な時間です。
それは今まで味わったことのない感覚でした。
でも...実際には眠れない日々が続き、育児や家事に夢中になっている間に
気がつけば自分と我が子との関わりを丁寧に脳裏に焼き付けている余裕もなく
時が過ぎていったような気がしていたのです...。

妊娠期間、授乳期間、乳幼児期...どれもがあっという間に過ぎていくけど
あっという間だからこそかけがえのない宝物。
その時を深い『絆』としてかたちに残しておきたい。
シンプルにそしてナチュラルに...

赤ちゃんのママを見つめるまなざし 赤ちゃんへ送る家族の優しく暖かい視線
そしてその空気感...
母として家族として感じられる喜びを今かたちにして
皆さんにお届けしたいと思っています。

続きは、ムツミさんのホームページへ
http://www.mutsumi-photo.com/
ブログ
http://623-mutsumi.blog.ocn.ne.jp/623diary/


***


『ふわふわの毛布』

ふわふわの毛布に包まれている
ねえ知ってる?
ママのお腹の中は
ふわふわの毛布
やわらかくてね
あったかくてね
ずっとここにいたいな

光が…
やさしい光とふわふわの毛布に包まれてる
baby


僕には全部わかってるんだ
ママの気持ち
パパの気持ち

けんかしたらね
冷たくなるよ
暗いよ怖いよ
泣きたくなる

ママ笑って
パパ笑って
生まれる前から二人の仲良し願ってる

光が…
やさしい光とふわふわの毛布に包まれてる
もうすぐ会えるよ


11thアルバム「いいよいいよ」に収録/2011.7